月別アーカイブ: 2014年9月

弁護士に依頼をして債務整理をした

弁護士に依頼をして債務整理をしたからといって借金がすっきりなくなるわけではありません。
債務整理は返済の難しくなってしまった債務に関して金融機関との和解契約を結ぶものですが、一部のケースでは返済義務を含むものです。つまり一部の債務免除をしてもらうかわりに、特定の額についてはきちんと返済を続けてくださいという和解となるケースもあるわけです。

こういった場合、たいていは債務者に定期的な収入があるなど返済能力が一部残っているケースなのですが、それでもやはり返済が滞ってしまうことがあります。そういった場合この和解契約はどうなるのでしょうか。

結論からいうと、任意整理による和解計画の場合は2ヶ月以上返済が滞るとその権利が喪失してしまいます。2ヶ月間返済が計画通りにされないと、債務者は債務を分割して返済する権利を失って、残った債務を一括で返済しなければいけないことになります。さらにこの一括返済となった場合は元金はもちろん利息分も含めて一括で返済しなければなりません。
返済のタイミングでたまたま大きな出費があったとか、なにかしらの理由で一時的に支払できないという場合には、2ヶ月までであれば和解契約に影響が出ることはありません。しかしこの2ヶ月を超えて返済が滞ると前述のような権利喪失になりますし、さらに職を失ったとか今後永久的に返済が困難になってしまった場合には債務整理で得た和解契約も分割返済の権利もすべてが取り上げられてしまうことになります。

ここまで来てしまうとまた新たな和解契約を結ぶことも難しく、自己破産や個人民事再生手続きといった方法しか残されなくなってしまいます。