月別アーカイブ: 2014年8月

高価な財産

借金問題の最終的な解決法として、債務整理や自己破産など法的手続きを検討されていますでしょうか。
こういった法的手続きをとった場合、その後の社会保障や年金がどうなるか心配になることはありませんか?
ここでは債務整理と社会保障についてご説明します。

債務整理を行うと債務の返済が免責されるかわりに、本人の高価な財産はすべて差押えとなります。
では年金保険料はどうなるのでしょうか。

結論からいうと、将来納付される年金保険については差押えの対象とはなっていませんので、自己破産をしたからといって年金保険料の納付の義務にも納付される年金にも直接の影響はなく、他の人と同じ条件で受け取ることができるようになっています。つまり、月々の年金保険料を規定どおり納めていれば、自己破産の事実に関わりなく将来の年金はきちんと保証されるということです。

注意しなければいけないのは、すでに年金を受け取っている人が自己破産をするケースです。
納付される年金自体は差押えの対象になってはいないのですが、借り入れに使っていた銀行口座と年金の振込口座が同一になっていた場合年金の受け取りに問題が生じることがあります。
自己破産になると、口座が凍結されお金の引出ができなくなります。年金自体が差し押さえにならなくても口座からの引出ができなくなるので、実際受け取れないのと同じことになってしまいます。

債務整理をする際にはこのようなことを正しく知って、思わぬ損をしないようにしたいですね。