月別アーカイブ: 2014年6月

解約を強制させられたりすることはない

解約を強制させられたりすることはない

 

自己破産をすると所有する高価な財産はすべて差押えとなって、債権者への分配に充てられてしまいます。
また、自己破産後の大きなデメリットとして信用情報機関のブラックリストに載ってしまうため、自己破産後は新たな借り入れや住宅・自動車ローンなどが作れなくなってしまいます。

それでは、今契約している携帯電話はどうなってしまうのでしょうか。
携帯電話の契約については、裁判所の差押えの対象になったり解約を強制させられたりすることはないのですが、もしも携帯電話の使用料が滞納になっていて、携帯電話会社も債権者として債務整理の案件の対象に含まれる場合は、もちろんその後の契約に大きく影響します。
携帯電話の滞納があった場合に自己破産をするとその後の携帯電話の使用ができなくなります。さらに料金滞納・自己破産の事実は携帯電話会社共通の利用者情報に登録されますので、新規のキャリアであっても一切新規の契約をすることができなくなります。

携帯電話は今やなくてはならない必需品ともなっています。自己破産の事実により携帯電話が使えなくなることはありませんが、もしも他の借金返済と同様に使用料が払えない状況になっていた場合には、その後の携帯電話の使用は難しいものと考えた方がいいかもしれません。