生活に必要な最低限の物品

自己破産をするというと、お金に困った挙句生活のすべてを失ってしまうというようなイメージがあると思います。
ただ生活のすべてを失うというのは少し間違いで、たいていの場合がその後つつましくも通常の生活を送れるようになっているのが実際です。
もちろん自己破産は莫大な借金を帳消しにしてくれる魔法ではなく、それに伴う厳しい条件というものがあります。
その後の生活にも一定程度影響がありますので、具体的な自己破産の内容についてご説明しましょう。

自己破産をするとまずはじめに同意しなければならない条件が、財産の差し押さえです。この差押えとは、99万円以上の現金、時価20万円以上の高価な財産が対象で、家具や生活に必要な最低限の物品についてはこれまでどおり身の回りに置いておくことができます。
自己破産をすると目に見えてなくなるものがこの財産ですが、差押え対象が限られますので最低限の生活に関してはこの後も何も支障がなく送ることができるのが実際です。

自己破産によるデメリットは他にもあります。
自己破産をすると、破産をしたという情報が信用情報機関へブラックシルトとして記載されるようになってしまう点には十分理解が必要です。この信用情報機関の情報は5~10年程度で更新されますが、その数年間の間は信用がないものとしてすべての金融機関での新たな借り入れやローンが一切できなくなります。またクレジットカードも信用がありませんので発行できません。また、弁護士や税理士など「士」職業については資格制限が設けられ就くことができなくなるのもごく一部の人にとってはデメリットとなるでしょう。

生活に必要な最低限の物品